毎日のおいしいご飯、日常、子育てを気ままに→サンディエゴに引っ越しました→今度はサンノゼに引っ越しました!


by nyflowers2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最善の健康より、有事の際に役立つ知識

久しぶりにMOMOさんの最善の健康です。

毎日食べるものが自分の体を作っている、、最近強く感じます。
なかなか思うような食事が出来ない被災者の方を思うと、心が痛みますが、MOMOさんの言うように、食事を支援する側にも、知識があればずいぶん違うのですね。。

ますます、白い食べ物(白米、パンなど)よりも、玄米をもっと取り入れ、栄養を考えた食事に気をつけようという気持ちになりました。。


**************************************


■■■■■■■■■■■
『有事の際に役立つ知識』
■■■■■■■■■■■

こんにちは!!(^0^)/
毎週木曜日ランチはISNAのMOMOがお届けする『最善の健康』のお時間です♪

3.11から1ヶ月が過ぎ、被災地から毎日白米のおにぎりと菓子パン、ツナ缶など
を食べ続けていて、ついに感染症以外にも多くの人々が嘔吐やストレス性の湿疹
などを訴え始めているそうです。

助かった人々に今度は栄養障害が起きていることに胸が痛みます。

日本はいつどこで再び大きな震災が起こり、誰が避難者になってもおかしくない
状況にあります。今一度、栄養の代謝障害について知識をしっかりとつけておき
ましょう。

被災者の方々の症状はまさに血糖値のコントロールが失われている状態です。症
状的にはまず「脚気」が疑われます。別名「江戸わずらい」と呼ばれ、結核同様
の死者を出したかつての国民病です。

裕福になった地方のお金持ちたちが江戸に集まり、贅沢の象徴であった白米をお
茶碗山盛りにお腹いっぱい食べることをステイタスとしていた時代がありました


彼らは毎日お茶碗山盛りの白米を食べ続けましたが、副菜のお漬け物やお味噌汁
はわずかで、ついに手足のしびれから始まって、最終的に心臓病で亡くなる深刻
な代謝障害を発症し始めたのです。当時は感染症とされ、大変恐れられた流行病
でした。

その原因は糖質過剰のビタミン不足(とくに糖質を糖代謝するビタミンB1など)
であることが後に解明されました。被災地のようにとてつもないストレスがかか
っている場合、そのストレスを引き受ける副腎が疲弊します。

副腎は抗ストレスホルモンを分泌する重要な臓器で、その分泌に関与する抗スト
レスホルモンであるビタミンA・C・E、パントテン酸、亜鉛や銅などが有効になり
ます。副腎は血糖値のコントロールにも大きな影響力をもっています。

副腎が疲弊しているのに必要な栄養素が入ってこず、さらに血糖値の調整に重要
な役割を果たすカルシウムとマグネシウムの摂取量がいつもと急変したことで、
被災者の身体は血糖値のコントロールが困難になってきていることが想像できま
す。

深刻な低血糖を起こしている方もいらっしゃるかもしれません。血糖値のコント
ロールを失う代表症状としては…

・発汗や顔面蒼白
・めまいや震え、しびれ
・頭痛
・感情や行動の変化
・ぎこちない動き。
・発作
・精神的な混乱や集中力の欠如
・慢性疲労

などが挙げられます。とはいえ避難先でサプリメントがすぐに手に入るわけでは
ありません。差し入れられるおにぎりのご飯を麦飯や雑穀米に変えるだけでも違
いますし、お漬け物やお野菜と食べ合わせられれば違ってきます。好意で大福な
どお菓子を差し入れる芸能人も多い様ですが、差し入れる側にほんの少しの知識
があれば…と思わずにいられません。

空腹時に糖質を取り入れると血糖値はさらに上がりやすいので、その前にチーズ
などのなんらかのタンパク質を補給できれば対策になります。

また、日本人の15%は先天的にDNA上葉酸を欠乏しやすいことがわかっています
。葉酸の状態はビタミンB6やB12にも関与し、必須アミノ酸のメチオニンの代
謝に支障が出てしまうのです。そうなると神経毒ともいわれるホモシスチンが増
加し、動脈硬化から脳梗塞や心筋梗塞のリスクが上昇し、うつ病などのリスクも
高まってしまいます。

脳の酸化を予防するために補酵素Q10やαーリポ酸なども有効です。

非常時においてはカロリーの確保が絶対ですし、身体も栄養素を備蓄しています
ので、短期間であれば対処できます。が、それなりに時間が経つと体内に貯蔵し
ている栄養素も減り始め、糖質を摂取しても代謝することが難しくなっていき、
やがて多くの神経症や湿疹、精神的症状を発症していきます。

こういう時に甘いジュースを飲むとかえって脱水症状を起こしがちです。有事の
時に限らず、これから汗をかく機会が増える夏に向かいますが、ジュースやアル
コール、白米や菓子パンなど、糖質だけを摂取し続けることの脅威をもう少し私
たちは理解しなくてはいけません。

被災地にサプリメントなどの支援も始まっているとのことですが、ほんの少しの
知識が命を救うのだということを今まさに実感しています。

一人でも多くの人の健康が保たれますように…
[PR]
by nyflowers2 | 2011-04-23 18:51 | 健康